肌のかゆみを伴う疾患があるのできちんと診察を

肌のかゆみを引き起こす原因

肌のかゆみを引き起こす刺激や原因としては、食べ物・衣服・加齢・室温・湿度など様々なものが考えられます。

具体的には、肌のバリア機能が低下しやすい乾燥肌や、常にバリア機能が低下した状態の敏感肌などの特殊な肌タイプは、刺激物質に影響されやすいものです。

その為、顔に髪の毛先が触れるとか下着による皮膚の圧迫など、少しの刺激でも肌にかゆみが起こることがあります。

加齢に伴い肌の老化で皮脂腺や汗腺の働きが低下して、肌の保湿力が失われて乾燥しやすくなるのです。

特に更年期以降は女性ホルモンが減少するため、肌が乾燥しやすくなりますし、それに伴いかゆみも起こります。

また男性も加齢により男性ホルモンが減少することで、皮脂線の働きが低下して肌が乾燥しやすくなるのです。

高温多湿の環境は汗が出やすくなるため、肌にある汗の通り道や出口が詰まって、汗が体の外に排出されず周辺の組織を刺激してかゆみや炎症反応を生じます。

逆に低温乾燥の環境では、肌から皮脂や水分が奪われてかゆみを引き起こすのです。

服用したり注射したりする薬や塗り薬でかゆみが起きることもあり、その多くは薬の成分に対するアレルギー反応と考えられています。

このような刺激や原因で肌のかゆみを引き起こすので、かゆみがなかなか治まらない時や強い場合は皮膚科で診察を受けると良いです。

肌のかゆみを伴う疾患

アトピー性皮膚炎は、ハウスダストや食べ物などの原因物質で引き起こされるアレルギー疾患で、顔や頭などの肌がジクジクして赤く腫れたり、肌がカサカサに乾き硬くなったりします。

強いかゆみを伴うのでかくことにより細菌に感染して悪化することがありますし、思春期頃に治らなくて成人以降も続き慢性化することもあるのです。

特定の物質に触れたことで起こる皮膚炎が接触性皮膚炎で、一番身近なのはアンモニアが原因となる赤ちゃんのオムツかぶれの刺激性接触性皮膚炎で数時間後に炎症を起こします。

その他油・洗剤・石鹸などでも起こる場合がありますし、アレルギー物質に接触して炎症を起こすアレルギー性皮膚炎もあるのです。

食べ物をはじめ薬や植物などが原因で肌が赤く盛り上がり強いかゆみをともなうじんましんというのもありますが、ほとんどの場合数分から数時間で症状は消えます。

ただ、しばらく時間をおいてから再度あらわれることもあるのです。

これら以外にも、水虫・白癬症、あせも、乾癬などといった肌のかゆみを伴う疾患があって、このような疾患を疑われる時は皮膚科で診察・検査を受けましょう。

乾燥肌に悩まされる時には皮膚科で診察を

乾燥肌を引き起こす要因

暑い夏が終わって過ごしやすい秋になると、冬にかけて増える乾燥肌に対して悩んでしまう方も少なくありません。

肌をしっとりと保つためには皮膚から出る脂や水分、汗腺からの汗が欠かせないのですが、秋から冬にかけて気温や湿度が下がると脂や汗の量が少なくなって皮膚の表面から出る水分も減るのです。

また、空気が乾燥すると皮膚から奪われる水分が増えて肌が乾燥しますし、家庭や職場でエアコンを使用することで室内の空気が乾燥して肌にも影響を与えます。

それから冬場に電気毛布や電気カーペットなどを使用することも、皮膚から奪われる水分が増えることにつながりより肌が乾いて乾燥場になってしまうのです。

加齢により新陳代謝が鈍くなると皮膚の角質層の細胞が大きくなって、角質細胞の間を通る水分が皮膚の表面まで到達できないことも乾燥肌の原因となります。

こうした様々な要因で脂質や汗、細胞内の保湿成分が減ることで乾燥肌が重症化しやすくなるのです。

ちなみに、この現象については男女差はありません。

“乾燥肌に悩まされる時には皮膚科で診察を” の続きを読む

アレルギーによる肌トラブルの診察は?

皮膚科で対応している疾患

肌トラブルに悩まされている方も少なくありませんが、そのような時は一度皮膚科を受診することをおすすめします。
皮膚科では、湿疹・かぶれ・アトピー性皮膚炎・ニキビをはじめ、やけど・口唇ヘルペス・しもやけ・蕁麻疹・汗疹など様々な肌トラブルを診察しているのです。
また、ウオノメ・たこ・水虫・ほくろ・脱毛症・かぶれ・伝染性膿痂疹・日やけ・乾燥肌・手荒れ・帯状疱疹・おむつかぶれ・乳児湿疹など、肌に関することも診察しています。
ですから、何らかの肌トラブルや悩みがある時には、気軽に皮膚科で相談・診察をすると良いです。
特にアトピー性皮膚炎などアレルギー性の疾患は、正確に原因を特定することが重要になるので、皮膚科で検査・診察を受けることが治療につながります。

“アレルギーによる肌トラブルの診察は?” の続きを読む

魚の目の治療

魚の目の治療

魚の目はちょっとした症状となり、わざわざ病院へ行くほどでもないと思うかもしれませんが、場合によっては皮膚科での治療がおすすめです。
タコと違って魚の目はやがて歩くたびに痛みが出るようになり、正常に歩くのが難しくなる場合もあるのです。
“魚の目の治療” の続きを読む

スキンケアと治療について

皮膚科では何ができるの?

新宿の皮膚科ではどんなことができるのかというと、基本的にはお肌に起こる病気の治療となります。
スキンケアはどうかというと、治療を通してのスキンケアは結果的に可能となりますが、治療の必要がないお悩みや症状のほか、保険診療の対象外となる症状についてのスキンケアについては美容皮膚科でのみ可能となり、一般皮膚科では対応できません。
健康保険が使える一般皮膚科では、保険診療の対象となる症状の治療ができるのだと覚えておくといいでしょう。
“スキンケアと治療について” の続きを読む

顔の肌の診察

顔の肌の診察

お肌に起こる異常は体だけではなく、顔に出ることもありますよね。
そのような異常の診察も皮膚科では行っています。
たとえば頬の部分が赤くなった、かゆみもあるといった症状など、皮膚科に行けば相談可能です。
その場で医師が診察を行い、薬の処方をしてもらえることも多いですよ。
顔のお肌に何か異常が起きている方など、皮膚科を受診してみるといいでしょう。
“顔の肌の診察” の続きを読む

アトピー咳嗽について

アトピー咳嗽とは

アトピーというとアトピー性皮膚炎が有名ですから、アトピー咳嗽というとお肌の病気の一つだと思えるかもしれません。
しかしアトピー咳嗽とは咳に関する症状となります。
風邪を引いたあとなど長期間ずっと咳が続くことがありますよね。
そのような症状が出ているとき、もしかしたらアトピー咳嗽の可能性もあるのです。
“アトピー咳嗽について” の続きを読む

肌に出るアレルギーの治療

お肌のアレルギー

アレルギーがお肌に出ることもあります。
どのような症状になるかというと、たとえばお肌の赤み、かゆみなど出ることがありますね。
この症状はアレルゲンがお肌に触れることで現れることもあり、前兆なく突然現れ、不安な気持ちになったり、症状が不快になったりします。
このようなお肌のアレルギーの症状は治療ができますから、困ったときは皮膚科を受診してください。

お肌のアレルギーの治療

その治療の方法ですが、その症状がおそらくアレルギーと思われるときは、アレルギーを抑える飲み薬など処方されたりします。
花粉症のときなどアレルギーを抑える薬を処方され、それで症状が楽になったという経験がある方もおられるでしょう。
それと同じように、アレルギーを抑える薬を処方されることで、お肌に出る症状も楽になったりします。
さらにお肌に出ている赤みやかゆみといった症状が強いときは、患部へ直接使う塗り薬が処方されることもあります。

これを塗ることでお肌に出ていた赤みやかゆみがスムーズに消えていきます。
このようにお肌のアレルギーが出たときは皮膚科で治療できます。
薬を使うことで早く症状が楽になりますし、薬がある間はそれで症状を抑えられるため、また同じ症状が出る可能性も低くなります。
仮に出たとしても処方されている薬を使えばすぐに症状を抑えられますから安心です。
ちなみにこれら治療はお肌のアレルギーを一時的に抑える治療となり、同じ症状が出ないようにする根本治療ではありませんが、一度出てしまった症状を早く抑えたいときには有効です。

新宿の病院について

お肌のアレルギーの治療がしたいときに頼れる新宿の病院について、なるべく利用しやすい病院をご紹介します。
アクセスは非常に良好な病院で、新宿駅西口より徒歩1分で来院可能。
そして非常に大きいのは来院後に待たされることも少ないこと。
仕方ないことですが、病院の待ち時間はどうしてもストレスとなりやすいですよね。
働いていて時間のない方など、待ち時間が長すぎると時間が無くなり、医師の診察を諦めることにもなりかねません。

そのようなことがないように、こちらの病院は待ち時間短縮にかなり本気で取り組んでいる病院です。
医師も複数人いますから、院長一人の病院よりも患者が呼ばれるペースは速くなっています。
このように非常に利用しやすい病院です。
診療科目は一般皮膚科ですから、お肌に起きるいろいろな異常の相談が可能。
お肌に出た赤みやかゆみといったアレルギーの相談もできますから、ぜひ利用してみてください。

新宿での足の症状の治療

新宿ではどんな症状を治療できるの?

足に異常が起こることもありますが、新宿ではどんな症状の治療ができるのでしょうか?
まず多くの皮膚科で対応できるのは、足にできるお肌のかゆみや湿疹などです。
何らかの原因で足がかゆい、ぶつぶつや赤みができるといったお悩みもありますよね。
これらも実際に起こるとかゆみが原因で集中力が落ちる、見た目が気になって足を出す服装をためらうなどお悩みとなりがちです。
これらかゆみや湿疹といった症状は皮膚科で対応できる症状ですが、全身のいろいろな部位の症状を診ているため、足の症状は多くの新宿の病院で対応可能です。
気になるかゆみや湿疹は早めに病院で相談するといいでしょう。
“新宿での足の症状の治療” の続きを読む

皮膚科での保険治療

保険治療はどの症状で受けられるの?

皮膚科を受診するときに保険治療を受けられるかどうか、気になる方も多いでしょう。
保険治療なら治療費の自己負担も3割となります。
出費が軽くなってかなりお得です。
保険が適用されるかどうかは受診する症状によって変わりますから、皮膚科で保険治療を受けられるのはどんな症状なのか、確認しておきたいですね。

皮膚科で保険治療を受けられるのは

基本的に知っておきたいのは、皮膚科で保険治療の対象になるのはお肌の病気や異常になることです。
これは不快な症状があったり、他人に症状がうつったり、お悩みの原因になったりするため、早く治したい方も多いでしょう。
そのようなときは皮膚科を受診するといいのですが、このときは保険適用となり、自己負担3割で治療を受けられます。

もっと具体的に病名をご紹介すると、アトピー、ニキビ、吹き出物、じんましん、イボ、魚の目、湿疹、あせも、かぶれ、やけど、しもやけ、水虫といった多くの病気や異常を診ています。
症状でご紹介すると、かゆみ、赤み、ブツブツ、腫れ、出来物など、お肌に不快な症状があったり、なにかいつもと違うところがあったりしたら、一般の皮膚科で保険治療を受けられることが多いです。
なにか気になることがあれば皮膚科で気軽に相談してみてください。

皮膚科で保険治療を受けられないのは

逆にどんな症状だと皮膚科で保険適用にならないのでしょうか?
これはお肌の病気や異常とは少し違う場合です。
皮膚科ではお肌のシミやしわ、ツヤ、ハリといった相談がされることもあります。
実際に皮膚科医の知識といくつかの薬や治療を組み合わせれば、お肌の美容促進ができます。
しかしこれらは保険適用になりません。

健康保険は基本的に病気や異常などが起きており、治療を必要とすることが前提となりがちです。
お肌のシミは必ずしも治療を必要とする病気や異常とは限りません。
そのため皮膚科でこの相談をすると保険適用にならないことが多いです。
また、相談ができるのは美容皮膚科といってお肌の病気以外の相談も受けている一部の病院のみとなり、主に病気や異常の治療をやっている一般皮膚科では相談自体が受けられない場合もあります。

そのような美容関係の相談をするときは保険治療を受けられないことが多いですから、注意してください。
それがお肌の病気や異常なのか、それで判断するといいでしょう。
なお、保険治療を受けたいときは必ず保険証が必要です。
これを持っている方でも病院受診時に持参していないと保険治療になりませんから注意してください。